オーケストラの概要

Asian Youth Orchestra(AYO)

アジアユースオーケストラ
設立:ユーディ・メニューイン/リチャード・パンチャス
1990年8月の初回公演はユーディ・メニューイン指揮による

アジア初のプレプロフェッショナルオーケストラ、著名な指揮者やソリストとの高度な学習・演奏・海外演奏旅行を提供します。

100名のアジアユースオーケストラのメンバーは、中国、香港、台湾、日本、韓国、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムから選出された、才能豊かな若い音楽家で構成されています。
各地での厳しいオーディションをくぐり抜け、香港での3週間のリハーサル・キャンプに続き、国際的に活躍する著名な指揮者やソリストとの3週間のツアーと、毎夏6週間の活動をしています。

チェロ奏者ヨーヨー・マ、ミッシャ・マイスキー、ワン・ジャン、アリサ・ワイラーシュタイン、ヴァイオリン奏者のギドン・クレーメル、ギル・シャハム、エルマー・オリヴェイラ、ヤン・ウク・キム、諏訪内晶子、チョーリャン・リン、ソプラノのエリー・アメリング、ピアニストのアリシア・デ・ラローチャ、セシル・リカド、レオン・フレィシャー、ジャン・ルイ・ストイアマン、ボザール・トリオなどと共演しました。
また指揮者には、首席指揮者のジェーム・ジャッド、名誉指揮者のセルジュ・コミッショーナ、アレクサンダー・シュナイダー、タン・ドゥン、そして設立者でもあるユーディ・メニューインとリチャード・パンチャスを迎えてきました。

1990年以来、受賞歴のあるアジアユースオーケストラは、アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアで307の公演を行い100万人もの観客を魅了してきました。
また公演の模様は,CNN、CNBC、NHK、RTHK香港やスターTVなどで放映されています。

これまで17才から27才までの2万人もの音楽家がアジアユースのオーディションを受けて来ました。
選ばれた者たちは授業料なしでボルティモア、ボストン、バッファローフィル、アトランタ、サンフランシスコ交響楽団、モネ・オペラ・ブリュッセル、トリプル・ヘリックス・トリオ、ボストン、ピーバディ音楽院などからの音楽家による指導を受けます。

2010年高松宮殿下記念世界文化賞若手芸術家奨励賞を受賞したアジアユースオーケストラは、中国本土において海外からのどのオーケストラよりも多くの都市で数多くのコンサートを行い、ベトナムでは過去50年において初の海外からのオーケストラ公演となりました。
1997年に香港と北京でおこなわれた香港返還式では、タン・ドゥンの「交響曲1997」の世界初演でヨーヨー・マと演奏しました。
ホワイトハウスや国連本部、ニューヨークのエイベリーフィッシャーホール、ハリウッド・ボウル、アムステルダムのコンセルトヘボウ、ベルリンのコンツェルトハウス、ウィーンのコンツェルトハウス、シドニーのオペラハウス、そして日本や東南アジアの国々で演奏して来ました。

授業料なしの文化交流の夏季講習として実施されています。
音楽を志すアジアの青少年が、アジアにおいて自分達で音楽を作り上げることに誇りを感じ、有名アーティスト達との共演やツアーを経験することを通じて、優秀な才能が育まれ成長していくことを、AYOの真の目的としています。

AYOは香港国税収入法88条に基づく非課税の非営利団体です。
米国からの Give2Asia のために与えることを通して非課税です。

PAGETOP